スマアト・FPのサービス

・初めての購入にかかわるお金・取引の不安を解消し、すまいの購入を後押し(あとおし)したい
・お客様でも気づかない課題・懸念点に気づいていもらえるようなSmart(スマート=気の利いた)な提案をしたい

という想いを形にしたFPサービスです


初めての住宅購入は分からないことだらけ…

何が分からないのか、分からない…そんな声をよく聞きます。

もちろんお金のことも知りたい。

それに物件の選び方や不動産取引の進め方についても知っておきたい。

どうせなら、この機会に新生活に向けて家計管理を見直したい。

そのような悩みに全てお答えするのが、スマアト・FP相談です。

今まさに物件を購入しようとしている方も、漠然と住宅購入について考えている方も、初めての住宅購入という大きなライフイベントを乗り越えて安定した新生活のスタートを切るための後押しをします。

なお、個別相談の他、初めての購入にあたって基本的な内容を学びたい方には「知っておきたい初めてすまい購入講座」もご用意しております。

受講後は自分自身で無理のないすまいの購入の判断ができるようになります。

講座内容の一部をコラム形式で掲載しておりますのでご参考にしてください。

1.お金のこと

— 頭金が2割必要ってホント?諸費用も含めて住宅ローンで借りることはできないの?~自己資金のおはなし

— 住宅購入がゴールではありません!資金計画はライフプランと一緒に考えることが必要です

— 中古住宅に消費税って別にかかるの?物件価格以外にどのくらいのお金が必要なの?~諸費用のおはなし

— いくらまで借りられるの?銀行によって借入可能額が異なることってあるの?住宅ローンのおはなし

2.物件の探し方、仲介会社への依頼、不動産取引のこと

— 中古住宅はいつから住めるの?どんな手続きが必要なの?~スケジュールのおはなし

— 中古住宅って、どこの不動産会社でも扱っているの?値引きをしてもらえるの?不動産取引のおはなし

3.新生活のこと(家計の見直し、資産形成)

すまいの購入は家計を見直すチャンスです。ムダな支出を把握して、効率的な資産形成につなげていきましょう。

投資は初めてで不安がある、という方はiDeCo(個人型確定拠出年金)やNISAで無理せず自分でできる資産形成方法をお伝えします。

セカンドライフに向けた安心プランを立てましょう。

スマアト・FPの特徴

保険商品

保険、金融商品の販売はしません。

相談対応をする人の立場(所属)によってアドバイス内容が変わってしまうようであれば それはあなたにとってBESTな提案とは言えません

相談料以外はいただきません 

相談の質に自信があります

サポート

初めてのすまい購入を応援します

初めてのすまいの購入には分からないことばかり

こんな簡単なことは聞いたら恥ずかしい…

専門用語ばかりで話がよく分からない…

多くの不動産取引に携わった経験から、お客様がそのような悩みを抱えていることを知っています

「分かりやすく」「丁寧に」「繰り返し」ご説明することをお約束します

自分で解決する力を育てます

お金の基本的な考え方、不動産取引の基礎知識を身に付けることで、自分自身で考えて判断できるようになります。

すまいは買うことがゴールでしょうか?

その後の長い人生を安定して過ごすための力を身に付けていただけるよう後押しします

主催者はこんな人

これまでの実績はこちらから⇒プロフィール・実績

お問い合わせ

お問い合わせするかどうかお悩みの方へ、よくある質問をまとめました。

サクッと悩みが解消できるケースもありますので悩まずご相談ください。

個別相談も講座の申込についても、初回の打ち合わせは無料です。まずはお悩みをお聞かせください。

メール、電話の他、Zoom、Skype等WEB会議や、チャット等もお客様のご要望に合わせて対応可能です。

お急ぎの方は☎045-211-5147へお電話ください。

    新着コラム

    • 中古マンションの見るべきポイント~電気容量について~
      電力容量を変更することによりアンペアブレーカーの交換が必要になりますが、電力会社の負担で交換してもらえるため、利用者はタダで電力容量の変更が可能ですでは、容量を上げることも自由にできると思っていいのでしょうか?
    • 中古住宅の購入では、購入申込書の提出順で優先順位が決まるのか?
      中古住宅は1点モノであるため複数の買主に譲ることはできません。そのため、複数の申し込みが重なると、どちらを優先するのかという問題が発生します。
    • こんなサービスもあったんだ?最近の火災保険事情について
      住宅ローン手続きや物件引き渡しの手続きと同時に加入申込書を書くことが多いためか、じっくり補償内容を考えて加入している人は少ないのではないでしょうか。そんな中で、おやっと思った商品がありました。
    • 地震保険の建築年割引における「建築年月日」の不思議について
      中古住宅を購入する際に火災保険に加入することになります。住宅ローンを借りていれば、金融機関から火災保険の提案があったり、仲介をした不動産会社から提案があることもあります。提案プランには火災保険の特約として地震保険が含まれていることが多いです。
    • 中古住宅を購入するときにかかる諸費用について~各種精算金~
      中古住宅では、不動産会社から案内される諸費用について各種精算金という項目があります。各種精算金の中身は、固定資産税・都市計画税や管理費・修繕積立金などです。物件よっては精算金合計が10-20万になることも珍しくありません。そこで、これら各種精算金を当事者間で精算する根拠や金額について詳しく解説します。
    • 印紙の消印の方法
      不動産の売買契約書には、売買価格に応じて印紙税が課税されます。印紙税の納税方法は、売買契約書に収入印紙を貼って消印をすることです。実は、印紙の消印の方法は、法律で決まっているんです。
    • 中古住宅を購入するときにかかる諸費用について~登記費用~
      日本では不動産登記制度があり、不動産の所有者は登記簿という公の帳簿に記録され、公開されています。 不動産売買の際には専門家(司法書士)に依頼をして登記手続きを行ってもらいます。本稿では登記費用の中身について詳しく解説します。
    • 契約したけど、やっぱりやめたい…契約解除とペナルティについて
      契約締結(手付金支払い)から、残代金の支払いまでは1~2か月かかるため、その間に売主または買主の気持ちが変わり契約解除となることもあります。そこで本稿では、個人的な事情で契約解除できるのかどうか、その時のペナルティなど、契約解除について詳しく説明します。